お電話でご予約ください 029-272-2345

津田歯科医院 活動報告 茨城県 ひたちなか市

活動報告

活動報告

自費診療価格表

医院ブログ

リンク集

LINKS

MOBILE SITE

矯正歯科

第19回日本睡眠歯科学会報告

第19回日本睡眠歯科学会が私の同級・東京医科歯科大学睡眠外来長の秀島雅之先生が大会長となりWEBにて、2020年11月21日(土)~22日(日)開催されました。この学会にて私が『中枢性無呼吸混在型OSA患者・Lip incompetence(口唇閉鎖不全)による就寝中口呼吸患者の無随意呼吸の特徴 ―過換気呼吸と睡眠時無呼吸・口呼吸との関係―』という演題にて発表を行いました。当院にて矯正治療をお受けになった患者や睡眠時無呼吸症患者でマウスピース製作の依頼のあった患者の呼吸状態の調査研究発表であり、2年前の病巣疾患研究会での発表に続き、日本国内にて呼吸生理学に基づいたこのような内容の発表は初めてのことだと思います。
中枢性無呼吸は何らかの疾患と考えられてきましたが、今回の調査で、通常の呼吸が過換気であり、それをリセットするためのホメオスタシスである可能性が示唆されました。また口呼吸が常習化している患者も過換気呼吸が常態化することが判明しました。

第9回国際矯正歯科会議世界大会・第79回日本矯正歯科学会学術大会報告

第9回国際矯正歯科会議世界大会並びに第79回日本矯正歯科学会学術大会が2020年10月4日(日)~6日(火)までWEBによるバーチャルで開催されました。2020年は東京オリンピックの延期・緊急事態宣言による休校・WEB学会など、ウィズコロナの年として記憶に刻まれる年となりそうです。今回のWEB会議は1か月ほど視聴が可能なため、聞き漏らすことがなく何度でも聞くことができ多くの有益な情報を手に入れることができました。台湾のChris Chang は私が最も尊敬する矯正歯科医ですが、今回は上顎頬骨弓付近への2X12mmのアンカースクリューの埋入方法①とそれを利用した症例紹介でした。私もこの埋入部位を以前から探し求めているのですが、いまだに見つけられていません。日本人には無理なのかもしれません。ドイツのBenedict Wilmes は上顎口蓋正中にスクリューを埋入し歯列をあらゆる方向に移動させるためのさまざまな装置②の紹介を行っていました。このアイディアは参考になりましたが、今回の国際矯正歯科学会においても、下顎の遠心移動をおこなえる手法の紹介は皆無でした。私の考案した歯槽骨外頬棚へのアンカースクリューの埋入は世界に誇れる素晴らしい手法である事を改めて実感しました。
Flavia Arteseが紹介した低位舌の程度と開口歯列の状態の関係③は今後の当院での治療にも大変参考になる発表でした。

第78回日本矯正歯科学会報告

2019年11月20日(水)~22日(金)まで長崎ブリックホールにて第78回日本矯正歯科学会が開催されました。①
(矯正臨床におけるCAD/CAM技術の活用)(歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正治療を再考し、今後を展望する。)(あなたの抜歯の考え方は?)(過去の難症例・再治療症例から学ぶ未来への戦略的矯正診断・治療)以上のようなテーマで議論がなされました。
②のような難症例をどのように矯正治療していくのか、当院でもとても悩ましい患者が激増しており、最後のテーマのシンポジストの嘉ノ海龍三・米澤大地・菅原準二先生のお話が大変役に立ちました。
今年も講演の合間に学術展示と症例展示を見て回り、さらにすべての専門医試験合格症例展示に目を通してまいりました。 長崎の歴史に触れ、佐賀県での柿右衛門焼き・鍋島藩お抱えの伊万里焼を堪能し、朝鮮出兵の際築いた名護屋城跡を見学し、福岡から茨城空港へ帰ってまいりました。
写真は坂本竜馬と私の2ショットです。③

第6回日本病巣疾患研究会総会・学術集会報告

2018年8月25日(土)26日(日)新橋ヤクルトホールにて開催されました日本病巣疾患研究会にて、(現代人の無随意呼吸は過換気傾向にあり、習慣的口呼吸はそれを憎悪させる)というタイトルにて医院長が発表をおこないました。この学会は当医院の矯正治療にて最も大切にしている鼻呼吸に大変関心の高い医療関係者が集まっています。口呼吸の呼吸生理学的問題点を科学的に証明した発表であり、国内は基より国際的にも価値ある発表だと自負しております。今後歯科関係の学会にてさらに詳細を発表していく予定でおります。
また当医院での矯正治療では、歯並びの改善とともに鼻呼吸治療を取り入れた全身状態の改善を積極的に取り入れて行く所存です。檀上右上で医院長が発表しております。

第77回日本矯正歯科学会報告

2018年10月30日(火)~11月1日(木)までパシフィコ横浜にて第77回日本矯正歯科学会が開催されました。
30日のサテライトセミナーでは、小児の口腔機能発達不全症に関し、小児歯科教授の木本茂成氏並びに田村文誉女史が講演をなされました。お二人とも残念ながら小児の系統発生学的特徴を理解していないため、今日の日本における小児の問題の根本的原因が早期離乳食にあることに気づいていないようでした。最低でも1年間は母乳と人工乳のみで育てること、その後おしゃぶりを3歳ころまで使わせれば、異常嚥下・アトピー・喘息は半減するはずです。
31日は昨年に続き、埋伏歯の問題に関しての臨床セミナーが開催されました。
嘉ノ海龍三先生が上顎犬歯埋伏歯と歯小嚢・上顎洞形態・顎顔面形態との関連性について、詳しい解説がありました。さらに大坪邦彦先生による第二大臼歯第三大臼歯の重積状水平埋伏症例の症例報告があり、当院でも同様の症例を丁度終了したばかりでしたので、興味深く聞くことができました。
最終日は日本韓国のジョイントミーティングにて上下顎前突の治療に関して講演がありましたが、当院の治療の方がはるかにレベルが高く、興味を惹くものではありませんでした。
むしろBegg法やJarabag法が50年前にどのように導入されたのか、その事情をお話いただいた大野粛英先生
の講演に興味をそそられました。今年も講演の合間に学術展示と症例展示を見て回り、さらにすべての専門医試験合格症例展示に目を通してまいりました。

第76回日本矯正歯科学会報告

2017年10月18日(水)~20日(金)までさっぽろ芸文館、札幌市教育文化会館にて第76回日本矯正歯科学会が開催されました。
札幌にいくのは2回目ですが、今回初めて茨城空港からスカイマークにて水曜日の夕刻市内に入りました。
木曜日は埋伏歯の診断と背景ということで私が学生実習でお世話になり、現在北海道大学教授であります飯田順一郎先生による講演から始まりました。それに続き稲毛滋自先生の上顎犬歯埋伏に起因する切歯歯根吸収の早期診断方法のお話がありました。
当院でも現在多くの学童期患者に同様の上顎犬歯萌出障害が認められ、大変参考になりました。
それに続き特別講演として、テキサスA&M歯科大学教授 Peter H.Buschang氏による、Hyperdivergent(長顔面高)上顎前突患者の治療に対する新しいアプローチ法の解説がありました。アンカースクリューを用いて大臼歯を圧下し、下顎を反時計回りに回転させ下顎を前方に誘導させようとするものです。私もこの考え方には賛成です。
またシンポジウムにおいて中華民国歯顎矯正学会会長のEric Liou氏による顔面非対称に対する治療方法の解説がありました。2年前にも紹介されたYin-Yang wireは私も使用してみたいのですが、いまだに手に入れることができません。台湾にいかないと買うことができないようです。
金曜日は午後から鶴見大学の中村芳樹教授と神奈川歯科大学の不島健持教授による咬合崩壊症例や歯周病症例に対する包括歯科治療としての矯正治療の在り方のセミナーを受講しました。 講演の合間に学術展示と症例展示を見て回り、さらにすべての専門医試験合格症例展示に目を通してまいりました。

第75回日本矯正歯科学会報告

2016年11月7日(月)~20日(水)まで徳島県・アスティとくしまにて第75回日本矯正歯科学会が開催されました。
前日から徳島に入ろうと考えておりましたが、ホテルがすべて満室のためやむなく和歌山市内にあります泥湯温泉で有名な花山温泉にて1泊し、早朝カーフェリにて鳴門海峡を横断し、徳島に入りました。
今回も歯科矯正用アンカースクリューを利用した上顎歯列弓の遠心移動や大臼歯の圧下に関するシンポジウムやポスター発表が多数ありましたが、下顎歯列全体の遠心移動や大臼歯圧下の報告は皆無のようです。
また長崎大学の『モーションキャプチャーを応用した6自由度顎運動計測システムを用いた多点同時解析』は今後人での応用が期待される研究発表でした。
講演の合間に学術展示と症例展示を見て回り、さらにすべての専門医試験合格症例展示に目を通してまいりました。
徳島で食べた鯛の刺身は鳴門の渦潮にもまれた絶品でした。翌日1日歴史博物館にて徳島の歴史を勉強して、帰ってきました。

第9回国際インプラント矯正歯科学会(world implant orthodontic conference )報告

第9回国際インプラント矯正歯科学会(world implant orthodontic conference )報告

2017年7月2日~4日まで神戸コンベンションセンターにて開催されました国際インプラント矯正歯科学会(WIOC)に出席してまいりました。今回の学会は久しぶりに私自身が大いに刺激を受けた学会でした。

第9回国際インプラント矯正歯科学会(world implant orthodontic conference )報告

これまで下顎前突患者(上顎劣成長)の場合、下顎の成長を抑制することに主眼がおかれた治療がなされてきましたが、インプラント矯正の進歩により劣成長の上顎を正中から広げ前方に成長させることが、手術なしに可能となってまいりました。写真のような装置を使うのですが、そのパイオニアであるDr,Won Moon やDr,Benedict Wilmes の講演とセミナーを聴講することができました。今後当院でもこの治療法を採用してまいります。

第9回国際インプラント矯正歯科学会(world implant orthodontic conference )報告

韓国では大変有名なDr, Cheol-Ho Paikの著書が販売されていたので早速購入しましたところ、ご本人がお見えになりサインをいただき記念写真を撮っていただきました。

第74回日本矯正歯科学会報告

2015年11月18日(水)~20日(金)まで福岡国際会議場・マリンメッセ福岡にて第74回日本矯正歯科学会が開催されました

今年は多忙のため初日の(歯科矯正用アンカースクリューを固定源とした埋伏歯・萌出困難歯の外科的萌出)というタイトルのサテライトセミナーには残念ながら参加できませんでした。当院でも永久歯が完全埋伏した患者が増加傾向にあり大変大きな問題だと認識しております。

木曜日は成長期の矯正治療の意義や目的・有効性に関して嘉ノ海龍三・黒田和斗・両先生によるセミナーが開催されました。
当院の最も力をいれている分野でありまた得意分野でもありますが、学童期には骨格や筋肉の不調和を改善し、舌位を整え気道を広げ喉頭蓋を立てることの重要性がかなり認識されだしたように感じました。

またシンポジウムにおいて中華民国歯顎矯正学会会長のEric Liou, DDS,MS の咬合平面傾斜や正中是正に使用する。
Yin-Yang wire(http://www.memdental.com/products.php?id=40)の紹介と使用方法の説明がありました。
これは非常にユニークな発想のワイヤーだなと感じました。

今年の学術展示におきましても多くのアンカスクリューを使用した矯正治療法が発表されましたが、そのすべてが上顎の口蓋を使用したもので、いまだに下顎の有効な埋入方法の発表は皆無です。
いよいよ当院の医院長が考案開発した歯槽骨外頬棚を利用した埋入方法の発表を矯正歯科学会にても行おうかなと考えております。
当院のホームページの矯正歯科の非抜歯症例紹介欄やインプラント矯正のページには歯槽骨外頬棚を利用した症例を続々と掲載しております。

MOOセミナー&日本非抜歯研究会報告

10月23日(金)~24日(土)に大阪にて開催されましたMOO(Molar Oriented Orthodontics)セミナーと25日(日)~27日(火)に併催されました日本非抜歯研究会に参加してまいりました。

2011年秋、『非抜歯矯正治療 Molar Oriented Orthodonticsの実際(医歯薬出版社刊)』を出版されました、有本博英・賀久浩生・篠原範行先生のお三方が主催されている研究会です。
私もこの本を読んで今回参加しましたが、日本におけるいくつかある非抜歯矯正治療の流れの中の一つの大きな流派だと認識しております。
この本は非抜歯に関する先達の、ノーマン=セトリン、ラファエル=グリーンフィールド両師の業績を凌ぐ1冊だと思います。

セミナーは有本博英先生のイースマイル矯正歯科の広い待合室で行われましたが、写真でもご覧のようにモダンな内装と明るいスタッフに囲まれて非常に雰囲気の良いオフィスで、見学するだけでも勉強になりました。
セミナーの内容もこれまでの私の考え方と合致するため、すべての治療法を、すでに取り入れているかこれから取り入れられる物でしたので、大変参考になりました。

カリエールディスタライザー研修会報告

2月15日(日)東京で開催されましたカリエールディスタライザー研修会に参加してまいりました。
昨年の日本矯正歯科学会にて私も実物を手にして、使いやすさと当医院の矯正システムとの相性が良いとの判断から上顎前突の患者様にすでに使用を開始しております。
講師の賀久浩生先生は大臼歯の位置に重点を置いた非抜歯矯正治療という専門書を執筆なされた先生であることを、この研修会で初めて知りました。
私はまだこの専門書を読んではいないのですが、当医院の矯正哲学と近い考えのような気がします。
当医院ではアドバンシンクとカリエールディスタライザーと当医院で考案しました歯槽骨外頬棚への歯科矯正用アンカースクリューの3種の神器を使用した上顎前突治療を行ってまいります。

デーモンシステムセミナー報告

2015年1月21(水)・22日(木)東京品川にて開催されました星野亨先生のデーモンセミナーに出席してまいりました。
当医院にて使用している矯正装置の中心となるシステムがデーモンシステムですので、これまで約10年に亘る星野亨先生のセミナーはほぼすべて受講してまいりました。
特に何か新しい知見を期待していたわけではありませんでしたが、やはり今回もいくつかの有益なヒントを手に入れることができました。
現在はこのシステムを中心にそのほかさまざまの技術を組み込んでおり、当医院のオリジナル矯正といっても過言ではない程の進化を遂げております。
その内容をそろそろホームページにも反映していくつもりです。
今年最初の研修会でしたが、エネルギーを十分充電できました。

第73回日本矯正歯科学会報告

2014年10月20日(月)~22日(水)まで幕張メッセにて第73回日本矯正歯科学会が開催されました。

今回は大会長である葛西一貴先生の企画力の素晴らしさが際立った大会でした。
臨床セミナーでは上顎前突患者の共通症例を設定し、3名の先生に診断・治療に対する考え方・戦略を講演いただきました。

今後も多様な治療法をお持ちの先生方の戦略を講演いただきたいと思いました。
4年ぶりとなる日韓ジョイントミーティングでは「Treatment for patients with vertical problems」をテーマに日本・韓国それぞれ3名の先生による歯科矯正用アンカースクリューを使用した歯列の垂直的コントロール法を講演いただきました。

内容も素晴らしいものでしたが、韓国代表の3名の先生がすべて英語での講演には恐れ入りました。
韓国のCheol-Ho Paik先生は今後世界的にも注目される矯正歯科医のお一人と思われます。

また藤原琢也先生が紹介なされた愛知学院大学オリジナルの治療メカニクスは大変ユニークなもので、当医院でも取り入れて行こうと考えております。
教育講演では池田和己先生が「顎関節の診断に基づく矯正歯科治療」と題した講演を行いました。これもまた大変興味深い内容で早速27,000円もする著書を購入いたしました。
今回は講演内容がすべて私にとって、タイムリーで有益なものでした。

バイトジャンピングアプライアンスセミナー報告

2014年2月23日品川にて機能的顎矯正装置・バイトジャンピングアプライアンスセミナーのセミナーに参加してまいりました。
今回のセミナーでは開発者の子息であるChristian Sander氏が基本講演を行い、さらに日本で日ごろからBJA装置を使用し効果的な治療を行っている里見優先生をはじめ3名の先生方から症例を紹介していただきました。
ツインプレートタイプの機能的顎矯正装置であるBJA(bit Jumping Appliance)は特徴として

  1. 開口時でも構成咬合がとれ、常時筋機能力が利用できる
  2. 装着時に会話可能
  3. 上下拡大ネジ付きで歯列拡大可能
  4. レジン添加で構成咬合が簡単に調整できる

などがあります。混合歯列期の顎矯正治療としては、他に多数ある装置と比較しても効果の高い治療方法であることがわかりました。
当医院におきましても、使用頻度が高くなるものと予測されます。

Inter-Arch Treatment Mechanics ClassII Treatment 矯正セミナー報告

2014年1月22日~23日新宿にて開催されました、今年最初のセミナーに出席してまいりました。
講師のRichard McLaughlin先生はこの分野では非常に有名な方で、ご自身が考案したブラケットや治療のためのVTOと呼ばれる分析法は世界的にも大変普及しており、確立された治療方法だと考えております。
わたしの治療方法とは違う点がかなりありますが、大変参考になりました。
また4名の日本人矯正歯科医の症例報告がなされましたが、皆様すばらしい治療内容で感心させられました。

ゴムメタルを使用した生理的機能咬合に基づく矯正治療セミナー報告

11月9日(土)、10日(日)お茶の水にて開催されましたロッキーマウンテンモリタ主催、白数明義先生講演のセミナーに出席してまいりました。

7月のゴムメタルワイヤー開発者の長谷川先生のセミナー同様、シークエンシャル咬合理論に基づいてゴムメタルの特性を生かし矯正治療を行っていくものです。
ウィーン大学名誉教授のProf. R. Slavicekの理論に基づき咬合平面を再校正して矯正治療を行っていくという点では全く同じお二人ですが、ワイヤー屈曲法は全く違っており驚きました。今後お二人のワイヤー屈曲法の利点欠点を検討して取り入れて行きたいと考えております。
私自身は小児歯科の咬合誘導というヨーロッパ学派の矯正治療法から矯正を始めたせいもあり、基本的な考え方は多くの点でうなずけるものでした。

第72回日本矯正歯科学会報告

2013年10月7日(月)~9日(水)まで松本市にて第72回日本矯正歯科学会が開催されました。

開催初日はアルプホーンでのお出迎えを受け、高原松本市に来た実感が湧きました。
歯科矯正用アンカースクリューの薬事承認が昨年ようやく日本でもなされたことで、安全使用に関するシンポジウムが開催されました。特に成人矯正の仕上がりを確実にさらによりよくするための必須アイテムになってきております。
また特別講演にて、Sheldon Peckはこれまでの100年の矯正治療の変遷を俯瞰的に説明し、今後の矯正治療における抜歯比率は20~40%で推移していくだろうと述べておりました。学術展示においては、長谷川信先生のゴムメタルを使用した新たな機能矯正装置の開発に興味を惹かれました。当医院でも来年の薬事承認を待って取り入れて行きたいと思います。毎回時間が足りず見たいものをすべて見尽くすことができないのが残念ですが、これから1年の勉強課題を十分探すことができました。

新素材GUMMETALワイヤーで変わる矯正治療コンセプトセミナー報告

7月14日(日)、15日(祝・月)お茶の水杏雲ビルにて開催されましたロッキーマウンテンモリタ主催、長谷川信先生講演の新素材GUMMETALワイヤーを使用した矯正治療のセミナーに出席してまいりました。

豊田中央研究所が2003年に開発したGUMMETALは名前が示す通りゴムのような弾性を示しながら何度でも折り曲げることができる摩訶不思議な金属です。実際にセミナーにてワイヤーの屈曲や切断を試してみましたが、これまでに経験したことのない感触でした。このワイヤーを矯正治療に応用することで、矯正治療のコンセプトが大きく変わることは確かなようです。当医院にても現在使用しております治療方法との比較検討を行いながら、メリットが大きいと判断した治療に関しては取り入れて行きたいと考えております。

アドバンシンクIIセミナー報告

3月7日品川カボショウルームにおきまして、竹内豊先生、田隅泰三先生のお二人による下顎を前方へ成長促進させる装置、アドバンシンクIIのセミナーが開催され、出席してまいりました。この装置を開発された、Dr,Terry Dischingerはこれまで3度来日されており、当医院でも2度目の来日の際直接Dr,Terry Dischingerに質問をさせてもらい、使用を開始いたしました。この装置を使用して矯正治療を行った第一号の患者様が間もなく治療を終了しますので、その素晴らしい結果をホームページでご紹介したいと思います。

いつもお世話になっております竹内先生の症例報告や、ユーモアに富んだ田隅先生のお話など、多くのヒントをいただくことができました。

第6回国際会議IFUNA平泉大会報告

2012年10月25日(木)~29日(日)まで奥州平泉の隣の一関にて開催されました第6回国際会議IFUNA平泉大会に出席してまいりました。

この会議はヨーロッパ学派の矯正治療法を研究目的としており、日本の多くの矯正歯科医が取り入れているアメリカ学派の矯正治療法とは大きく違っています。

筋の機能力を利用する機能療法は、「全身を見て治療を行う」という東洋医学の発想と似ております。機械的な歯の移動や排列の手法をとるアメリカ流とは異なり、主にヨーロッパでは生物学的な歯の整形学に理念をおいてきました。とくに成長発育期において咀嚼や嚥下、発音、呼吸の機能の発達と成熟を促し、早期の介入によって不正咬合の発生を予防したり不正咬合の程度を軽減したりします。

当大会は「東洋と西洋が融合する機能療法」をテーマに、矯正歯科治療の機能的側面を研究するとともに、それらの情報を共有するため、国際的なネットワークを構築し、矯正歯科医や顎顔面領域の治療に関わる人々との交流をはかることを目的として開催されました。
Dr. Marie-Josephe DESHAYESによれば、非対称的歯列不正は脳頭蓋底や蝶形骨の非対称性とも深く関係しているとのことです。

また今回の会議において私が30年前矯正学を学びました、母校の三浦不二夫・東京医科歯科大学名誉教授の基調講演があり懐かしく大変ためになるご講演でした。

4日間の会議の合間に中尊寺を訪ねてまいりました。
中尊寺金色堂のすばらしさは言うまでもないことですが、高台から見える風景もまた素晴らしいものでした。

夏草や 兵どもが 夢のあと

Dr,Chris Farrell セミナー報告

2012年10月7日・8日 東京コンファレンスセンターにてDr,Chris Farrell セミナーが開催されました。
今回のセミナーは2月に行われましたDr,John Flutter のセミナーのアドヴァンスコースのようなものです。
嚥下機能障害が歯列不正や顎顔面の成長に及ぼす悪影響についてかなり詳細な解説がなされました。
当医院では10年以上前からこれに関する情報をホームページや来院されるお子様のご両親には説明してまいりました。
正常な嚥下機能が備わっていないと、人間が生きていく上で最も大事な鼻呼吸が正常に行えなくなります。
いま日本の子供たちの約半数が正常な嚥下・鼻呼吸ができないという危機的な社会状況となっております。
ではその原因はどこにあるのでしょうか。日本における一番の原因はズバリ母乳期間が短すぎることにあると考えております。
現在乳児をお育てのお母様、そしてすべての女性の方に申し上げたいのは
赤ちゃんの頭にある大泉門が完全に骨化するまでの約2年半は
母乳を続けてほしいということです。お乳がでないということでやめてしまうお母様が多くみられますが、
お乳が出る出ないということより、吸綴行為をさせることの重要性をぜひ理解してほしいということです。
どうしても哺乳瓶を使用しなければならないときには、
ベッタベビーの哺乳瓶の使用をおすすめします。

第71回日本矯正歯科学会報告

2012年9月26日(水)~28日(金)まで盛岡市にて第71回日本矯正歯科学会が開催されました。
当医院でも最近急増しております上顎犬歯の埋伏、異所萌出にどのように対応すべきかという嘉ノ海龍三先生のご発表や、昨年に続き態癖の歯列不正に与える影響で講演をされた筒井照子先生のご発表が眼を引きました。
また学会の全体の流れとして、呼吸機能と舌位と歯列不正に関する発表が目立つようになってまいりました。
歯列不正を改善し、上顎の幅径を広げ舌位を上げ咽頭気道を拡大し十分な流量の空気を鼻から呼吸することが、いかに重要であるかの認識が学会全体に広がってきたように思います。
この夏に日本でもようやく矯正治療用としてのミニスクリュウ(矯正用インプラント)が認可されました。
これに関する発表もかなりありましたが、どれも内容としてはあまりパッとしません。
インプラントの埴立部位があまり良くないので、次回の日本口腔インプラント学会にておすすめの埴立部位を発表しようかなと思っております。
盛岡の冷麺はとてもおいしく昼食に2杯食べてしまいました。

Dr,Terry Dischinger セミナー報告

2012年6月28日、29日、品川プリンスにて Dr,Terry Dischingerのセミナーが開催されました。今回が日本での3回目のセミナーとなりますが、私はすべてのセミナーに参加しております。
彼の考案した下顎を前方へ誘導する矯正装置を当医院でも使用を開始しており、その結果の素晴らしさは実感しております。
ただ残念なことにまだ日本の薬事認可が取れていないためアメリカの技工所に直接注文しなければなりませんでしたが、この夏には認可が取れるということなので、随分便利になると思います。
今回のセミナーで初めて実物の展示がなされていましたが、かなりの改良がなされているようです。

この夏ロンドンオリンピックが開催されますが、実はDr,Terry Dischingerは前回の1960年ロンドンオリンピックのバスケットボールの金メダリストで、MBLアメリカプロバスケットボールのベストプレイヤーを9年連続受賞した経験のあるすごい方なのです。

前回来日された際、東京リーガロイヤルホテルの喫茶店にてお会いしましたが背丈の高さに驚きました。聞くところでは2m07cmあるそうです。 日本では竹内豊先生や、星野晃先生もすでに使用を開始されているようなので、情報を交換しながら彼の提唱する full face orthopedics(顎顔面矯正)を実践していこうと思っております。

Dr,John Flutter セミナー報告

2012年2月11~12日品川プリンスホテルにてDr,John Flutter のセミナーが開催されました。
顎口腔周囲筋のバランスを作り直していくことで、歯並びさらには顎顔面の形態を創造していく治療方法です。
日本でも最近ムーシールドといわれるマウスピースを使用した矯正治療が行われていますが、これのパクリです。この治療方法の長所は口呼吸が改善され、口腔周囲筋のバランスが整い長期に安定した咬合を手に入れることができることです。逆に短所は患者様自身の努力を必要とし、患者様に装置(マウスピースのようなもの)を装着してもらえないと全く効果があらわれないことです。日本でこの治療方法を広めるのは正直なかなか難しいとおもいますが、当医院ではオリジナルプログラムの中にこの治療方法を組み込んでいます。
Dr,John Flutterはもともとイギリスに住んでいたのですが、ランドローバーで大陸を横断しオーストラリアにたどり着き、そこに永住したそうです。

第70回 日本矯正歯科学会&国際会議報告

2011年10月17日~20日名古屋国際会議場にて第70回日本矯正歯科学会が開催されました。私は18日から20日まで主席いたしました。
18日はあまりに早く着きすぎてしまい会場にはまだだれもおらず、金の鯱が目に飛び込んできました。今回も3日間みっちり勉強してきましたが、一番印象的だったのは当医院が以前から力をいれているMFT(口腔筋機能訓練)をメインのテーマに3人の衛生士さんにスピーチをしてもらったことです。
日本の矯正歯科業界も今後骨から筋肉へ、静的な分析から動的な分析を重視した治療へと変化していくのではないでしょうか。一番広い会場が満席でした。
また今回宿泊したホテルのそばに資生堂の店舗があり、そのポスターをガラス越しに眺めながら気の付いたことがあります。皆様口腔周囲筋のバランスが非常によく、鼻呼吸が確立していることです。やはり健康と美とは表裏一体のものだということを強く感じて帰ってまいりました。

インプラント

第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会報告

2020年9月19日~25日まで横浜にて開催される予定でした、第50回日本口腔インプラント学会記念学術大会がコロナの影響で、WEB開催となりました。
今回私と共同研究者の竹林晃先生が『拡張現実技術を用いたサージカルガイドの開発』という演題にて発表を行いました。基本技術の開発にはすでに成功しており精度も素晴らしく、コロナが蔓延しなければ数年のうちに実用化可能な状態です。この技術は世界オンリーワン・世界ナンバーワンであり、これまでのデジタルデンティストリーの流れを一新させる革新的技術といえます。
現在東京理科大学の加納徹先生(https://kano.ac/)の教室にて開発を進めてもらっており、youtubeにて、東京理科大学歯科連携で検索しますと、動画を見ることができます。

第29回日本磁気歯科学会

2019年11月9日(土)、10日(日)大分県別府にて開催されました第29回日本磁気歯科学会に出席してまいりました。今回は私自身が『磁性アタッチメントにおける磁石構造体の新たな取り付け法のImplant-assisted removable partial denture(IRPD)への応用』というタイトルにて発表を行いました。
様々な様式の義歯に正確に簡単に磁石を取り付けることが可能となる画期的手法であり、今後超高齢化社会にてこの手法が広く利用されることを願っています。
鶴見大学学長の大久保力廣教授と日大の大山哲生教授に質問をいただき、大変感謝しております。
初めての大分でしたので、八幡様の総本山である宇佐八幡宮、杵築を回り、別府温泉の中の明礬温泉や泥湯温泉を満喫してきました。

第49回日本口腔インプラント学会報告(福岡)

日本口腔インプラント学会第49回学術大会が(インプラント治療が拓く未来・スキルとテクノロジーの融合)をメインテーマに2019年9月20日(金)~22日(日)の3日間、福岡国際会議場にて開催されました。
今年の最大のトピックスは私自身が『Implant Supported Removable Partial Denture への磁石構造体の新たな取り付け方法の検討とその臨床的評価』という演題にて発表をおこなったことです。①②

また昨年臨床部門にて最優秀研究発表症を受賞できたことを報告しましたが、今年の学会にてその授賞式が行われ、共同研究者の竹林晃先生が学会長の宮崎隆先生から表彰状が贈呈されました。③

さらに我々研究グループは世界のDigital Dentistry の流れを一新させる発展的研究にすでに取り組んでおり、近い将来に発表ができるよう精進しているところです。
このインプラント学会がデジタル化の一番進んでいる分野ですが、今後その流れが一層加速化する予感のする大会でした。最終日はスカイマークにて茨城に変える予定でしたが、台風の影響で運休となり、急遽新幹線で帰ってきました。

ダブル快挙!!!世界最高権威Academy of Osseointegration・clinical innovation部門にてベスト賞受賞

2019年3月13日~16日ワシントンDCにて開催されましたAcademy of Osseointegrationにて医院長が同級生・竹林晃先生と共同研究をしておりました、歯科用CTの金属アーチファクト低減法の発表がベスト賞を受賞いたしました。昨年の日本口腔インプラント学会での受賞に続きダブル受賞の快挙となります。これにより当院にて基礎研究を続けてまいりました技術が国内のみならず、世界的に認められた瞬間でもあります。私自身は今回初めて参加したのですが、日本の大学研究機関が1校も発表しておらず、寂しい限りでした。プレゼンは竹林先生が行いましたが、質問にも淀みなく回答し、すばらしい発表でした。発表当日の夕方事務局から受賞のメールが届き、レセプション会場となっていたスミソニアン博物館の中で祝杯を挙げることができました。さらにオードブルを食べ、ワインを飲みながら館内を見て回ることができ、夢のような時間を過ごすことができました。私はHuman Historyのブースを隈なく見て回り、また新たな研究テーマを一つ見つけてまいりました。

第38回日本口腔インプラント学会報告・関東甲信越支部学術大会

日本口腔インプラント学会第38回関東甲信越支部学術大会が(インプラント治療を通して歯科医療の未来を考える)をメインテーマに2019年2月10日(日)~11日(月・祝)の2日間、東京京王プラザにて開催されました。
今回は私自身が(3Dプリンターを利用した自家歯牙移植法とその臨床的評価)という演題にて発表をおこないました。いままで無駄と思われてきた智歯の有効活用法としてより確実な移植法の提案をしてまいりました。今後保険治療としても広く普及することを願っております。
今年は長期症例や失敗症例からどのようなことを学べるかという大変役立つテーマでした。

第28回日本磁気歯科学会

2018年11月3日(土)、4日(日)日本歯科大学新潟病院にて開催されました第28回日本磁気歯科学会に出席してまいりました。
病院はすでに蔦が紅葉しており、すぐ裏は日本海に浮かんでみえる佐渡島のすばらしい景色が堪能できました。
この学会は専門性の高い小さな学会ですが、初日に堀憲郎日本歯科医師会会長(右端)の特別講演があり、その後に住友雅人日本歯科医学界会長(右から2番目)の懇談があり、大変有意義なお話を聞くことができました。お二人が並んでパソコンの画面をのぞいている珍しい光景です。
2日目は石上友彦特任教授や田中譲治先生の教育講演を聴講いたしました。
新潟日歯に来るのは今回初めてでしたが、この大学内にあります医の博物館はこれだけ見るために新潟に来る価値のある大変すばらしい展示物でした。死ぬまでにもう一度拝観したいものです。
来年は私自身がこれまでの歯科医人生の集大成としての発表ができるよう努力していく所存です。

第48回日本口腔インプラント学会報告(大阪)

日本口腔インプラント学会第48回学術大会が(インプラント治療が拓く未来~超高齢社会への責任~)をメインテーマに2018年9月14日(金)~16日(日)の3日間、大阪国際会議場にて開催されました。
今年の最大のトピックスは私が共同研究をしていた歯科用CTの金属アーチファクトの低減法の発表が臨床部門の最優秀研究発表賞を受賞したことです。写真左の加納徹先生には5月の日本歯科放射線学会にて発表をしてもらい、写真右の竹林晃先生に今回発表をおねがいしました。今後さらに性能を向上させて何とか実用化に目途を付けたいところです。
来年3月のワシントンDCでの学会発表も予定しております。
昨年口腔内印象方法が従来の印象材を用いた方法から、光学印象法へと変化していく過度期であることを紹介しましたが今年はその精度の限界に関する報告が多数なされました。
全顎印象をするとはやり0.5mmほどの誤差が生じるようで、全顎補綴にはまだまだ無理のようです。企業はいいことしか言いませんので本当に注意が必要です。

第47回日本口腔インプラント学会報告(仙台)

日本口腔インプラント学会第47回学術大会が(インプラント治療が未来を開く)をメインテーマに2017年9月22日(金)~24日(日)の3日間、仙台国際センターにて開催されました。

今年もまた昨年同様革新的な変化を促すような発表はありませんでしたが、主管校東北大学らしい堅実な学会であったように思います。今回の学会副会長の高橋哲東北大学教授には依然直接手術の第一アシストにつかせていただいて、サイナスリフトの技術を指導していただいたことがあります。今回一番に感じたことは、いよいよ口腔内印象方法が従来の印象材を用いた方法から、光学印象法へと変化していく過度期にあるということです。 当院でも現在いろんな角度から検討しているところです。
また今年は私も発表のつもりでおりましたが、間に合いませんでした。
来年は必ず発表できるよう、今全力で取り組んでいます。

  • 日本口腔インプラント学会第47回学術大会報告
  • 日本口腔インプラント学会第47回学術大会報告

第46回日本口腔インプラント学会報告(名古屋)

日本口腔インプラント学会第46回学術大会が(健康維持と口腔インプラント治療・社会的ニーズを考え原点を見直す)をメインテーマに2016年9月16日(金)~18日(日)の3日間、名古屋国際会議場にて開催されました。

今年の学会は全体に地味な発表が多く、超高齢化社会への対応や、ビスホスホネート製剤に代表される顎骨壊死への対応、当院でよく行います抜歯即時埋入の是非、CADCAM修復等主な発表内容でした。PCを使用したCADCAMの応用は今後ますます進歩することが予想され、展示会場にて最新の技術を見学してまいりました。今年の学会は正にテーマどおり原点を見直す学会でした。当院の治療レベルもかなりの水準に到達できていることが、再確認できました。来年はこのインプラント学会を含めて数か所にて医院長自身が発表の予定でいます。

  • 日本口腔インプラント学会第46回学術大会報告
  • 日本口腔インプラント学会第46回学術大会報告

第25回日本磁気歯科学会

11月14日(土)、15日(日)東京医科歯科大学にて開催されました第25回日本磁気歯科学会におきまして、当院の医院長 山本裕明が(インプラントオーバーデンチャーへの磁石構造体の取り付けに新たな手法を用いた1症例)というタイトルにて発表を行いました。
昨年の日本口腔インプラント学会での発表をさらにブラッシュアップさせたものですが、4名の先生からの質問をいただき、大変感謝しております。学会終了後の2次会では、日大の石上友彦教授並びに愛知学院の中村好徳準教授からGCのCADCAMの技術のご紹介をいただき、今後の臨床に大いに活用していこうと考えております。また数年後には新たな学会発表が出来そうです。

2次会にて学会長の九州歯科大、鱒見進一教授の挨拶

中央は歯科用磁石生みの親・田中貴信元教授、右隣日本歯科医学界会長・住友雅人名誉教授

第45回日本口腔インプラント学会報告(岡山)

日本口腔インプラント学会第45回学術大会が(健康維持と口腔インプラント治療・口腔インプラント治療のメリットを再考する)をメインテーマに2015年9月21日(月)~23日(水)の3日間、岡山コンベンションセンターその他にて開催されました。

いよいよ歯科の分野にもiPS細胞を利用した再生医療の研究発表がみられるようになってまいりましたが、実用化はまだまだ先のことと思います。
超短波紫外線・オゾン洗浄によるインプラント表面活性化がインプラント埋入後もかなりの期間骨誘導・再生に有効であることや、骨補てん材ハイドロキシアパタイトへの照射による界面制御も効果が髙いという研究発表がありました。
当院ではすでに超短波紫外線・オゾン洗浄器を利用したインプラント表面活性化を実施しており、今後は骨補てん材への照射も検討していく考えです。
その他全体としては、超高齢化社会への対応や、軟組織(歯肉)を利用した審美回復についての発表が目につきました。
岡山を訪れるのははじめてでしたので、学会前日後楽園や岡山城その他市内観光をしてまいりました。

第5回学術シンポジウム

2015年2月8日(日)日本口腔インプラント学会関東甲信越支部会主催による第5回学術シンポジウムが飯田橋にあります日本歯科大学にて開催されました。
インプラント治療のエビデンスを再検討しよう-日本は欧米とは異なる?-をテーマとして中身の濃い討論が行われました。
ドイツに留学されていた新潟大学の荒井良明先生によると、骨移植した後の治り方がドイツ人(ゲルマン民族)と日本人ではまるで違うということです。
また上野大輔先生のお話では日本人の歯肉の厚みはヨーロッパ人の約半分しかないということで、日本人の骨造成にはやはり日本独自のエビデンスを必要とすることを痛感いたしました。
昨年世界で最初にインプラント治療を確立されたブローネマルク博士が永眠なされましたが①、博士の教えを受け最初に日本へインプラント技術を紹介した小宮山弥太郎先生のお嬢様の小宮山藍先生もスエーデンのインプラント事情をお話しされました。
非常にボリュームのあるシンポジウムでした。

第44回日本口腔インプラント学会報告(東京)

日本口腔インプラント学会第44回学術大会が(インプラント治療の“めざす”ものーより信頼されるインプラント治療へー)をメインテーマに2013年9月12日(金)~14日(日)の3日間、東京国際フォーラムにて開催されました。

今回は昨年に続き私自身も、一般口演の部で<インプラントオーバーデンチャーへの磁性アタッチメントの新たな取り付け方法の検討>という演題にて発表を行いました。いくつかの質問をいただきましたが、適切な症例に利用することで、多くの利点があることがご理解いただけたと思っております。今後広く普及していくことを願っております。

今回はインプラント周囲炎に関するセッションや講演や発表が目につきました。当医院でもインプラント治療をお受けになりました患者様の歯周病予防処置を今以上ハイレベルなものにしていくつもりでおります。
展示場ではおもしろいものを見つけました。患者用ロボットです。これから歯科医になる学生はこんな美人のロボットで治療実習をやるのでしょうか。

公益社団法人日本歯科先端技術研究所学術講演会報告

2014年1月26日(日)日本歯科先端技術研究所東京事務局におきまして、新年恒例の学術講演会に参加してまいりました。
午前は奥森直人先生による「摂食嚥下障害へのアプローチ」をテーマとした講演とペンタックス内視鏡を使った実習を行いました。脳血管障害をお持ちの方の摂食嚥下指導の診断・リハビリ指導には非常に有効であることが確認できました。
午後は最近著書を出されました亀田行雄先生による「これからの義歯治療とインプラントオーバーデンチャー」をテーマとした講演が行われました。当医院におきましてもインプラントを使用した義歯治療を行っており、今年東京で行われます第44回日本口腔インプラント学会にて私も全く新しい治療方法を発表の予定でいるため、大変参考になりました。

第43回日本口腔インプラント学会報告(福岡)

日本口腔インプラント学会第43回学術大会が(より適切で確実なインプラント治療へ)をメインテーマに2013年9月13日(金)~15日(日)の3日間、福岡国際会議場にて開催されました。
今回は2月の関東甲信越支部会につづき私自身も、一般口演の部で<歯科矯正用アンカースクリューの簡便な歯槽骨外頬棚埋入部位特定法>という演題にて発表を行いました。これまでの埋入方法と比較して多くの利点を持ち合わせており広く普及していくことを願っています。金曜日は友人の竹林先生と母校の春日井教授と3人で昼食・夕食をともにすることができ、非常に貴重な情報をいただくことができました。また当医院で行う治療に際し有用な情報も多く得ることができました。来年の学会は私が所属している日本歯科先端技術研究所が主管となりますので、来年も学会発表できるようこれからの1年も精進してまいる所存です。

第14回口腔インプラント専門医臨床技術向上講習会報告

6月16日(日)東京歯科大学水道橋校舎にて開催されました、公益社団法人日本口腔インプラント学会主催の講習会に出席してまいりました。今回は(補綴的、外科的難症例を見極めるー)をテーマとした討論が行われました。インプラントの長期予後に関して長崎大学の澤瀬隆先生のお話では、10年生存率は93%だがそのうち全くトラブルのないケースは65%に過ぎないということです。

日本歯科先端技術研究所学術講演会報告

3月24日(日)東京国際フォーラムにて開催されました、日本歯科先端技術研究所学術講演会に出席してまいりました。

  • 「インプラント治療における歯科衛生士の役割-歯科衛生士ならではの視点-」安生 朝子(藤橋歯科医院勤務)
  • 「Digital dental lab with the analog skill」十河 厚志(歯科技工士。デンテックインターナショナル株式会社)
  • 「複雑なインプラント症例の外科-補綴の連携治療-」山崎 長郎(SJCDインターナショナル会長)

という3つのタイトルによる講演会でした。最近のCADCAMの進歩により歯科治療も大きく変化してきており、十河 厚志先生の講演内容は興味を惹かれました。昼休みに脇 雅世(料理研究家)氏の講演があり、おいしいステーキやポークソテーの作り方の解説があり、さっそく自宅にて試してみようと思います。

詳しくはこちら

第32回日本口腔インプラント学会関東・甲信越支部学術大会報告(東京)

2月10(日)・11日(月)新宿京王プラザにて<医学的見地からインプラント治療を再考する>をメインテーマに開催されました。

今回は私自身も<下顎歯列遠心移動のための歯科矯正用アンカースクリューの埋入部位の検討>というタイトルでポスター発表を行いました。

これまで世界中で行われてきたインプラント矯正の欠点を克服する全く新しい発想の治療方法です。

詳しくはこちら

また2年前の札幌での学会以降<紫外線照射による光機能化>という言葉が多くみうけられるようになってきましたが、これはこの学会でしか通用しない言葉であり、学会として用語をもっと厳格に使用するよう学会関係者にお伝えしてまいりました。

第42回日本口腔インプラント学会報告(大阪)

日本口腔インプラント学会第42回学術大会が(インプラント患者目線での安心医療とは)をメインテーマに2012年9月21日(金)~23日(日)の3日間、大阪国際会議場にて開催されました。
この1年マスコミにおいてインプラント治療における医療事故の特集が国民の注目を集めているという事実に鑑み、学会でもその対策ともいえるテーマが非常に多くみられました。
私も学会のガイドラインの順守は最低限のことであると思っております。
もう一つの注目点がチタンインプラントの生物学的老化現象を光機能化技術により解決するというものです。
開発者の小川隆弘UCLA教授の講演を直接聴くことができ、またこれに関する学会発表も3つほどあり、その有用性を十分確認することができました。
当医院ではこの技術をさっそく取り入れることに決めなした。
ただし<<<<<<<<もし歯科医の方でこれをお読みの方がいらっしゃったらぜひこの下までお読みください。かならず役に立ちます。
この技術はウェキペディアでも紹介され、ヨーロッパの教科書にも記載されるほどのたいそうな扱いを受けていますが、実は日本の産業界では10年前からある技術です。
原理は紫外線による光電効果の応用です。
つまり、紫外線のフォトンのエネルギーを吸収して物質の化学結合を司る共有電子が励起されてエネルギー準位をもち上げ物質が活性化する、すなわち不対電子をもつ極めて不安定で反応性の強いフリーラディカルの状態になることを利用したものです。
具体的には、付着した有機物(汚染物質)の化学結合と酸素の化学結合を切ってそれぞれを活性化し、両者が反応して二酸化炭素と水になってしまうというものです。
253.7nm及び184.9nmの水銀ランプを使用するものと172nmのエキシマランプを使用するものがありますが、後者の方が高性能です。
小川教授の装置もウシオ電機製ですので、おそらくエキシマランプを使用したものと思われます。
ただ性能の差は処理時間だけのようですので、水銀ランプのものでも充分だと思います。
産業用では光機能化処理したあと窒素封入していますので、窒素やアルゴン、クリプトン、キセノンなどの不活性ガスに封入すれば長時間維持できるということです。
インプラントメーカーにもフィクスチャー製造後同様の処理をして不活性ガスに封入してもらえば、わざわざ私たちが装置を買う必要は無いと思われます。
100円のポテトチップスでさえ味の劣化をふせぐため窒素封入している時代に、インプラントメーカーがそれをしてこなかったことにたいして、この業界のレベルの低さをあらためて再認識しました。
ルネサスのような半導体メーカーにお勤めのエンジニアの方でしたら、常識のことです。
もしこの装置を購入しようとお考えの歯科医がおりましたら、当医院の問い合わせよりご連絡ください。
エキシマでしたら半値以下、水銀ランプでしたら、6分の1で購入できます。

第41回日本口腔インプラント学会報告(名古屋)

日本口腔インプラント学会第41回学術大会がメインテーマとして『インプラント医療安全の推進行動』を掲げ2011年9月16日(金)~18(日)の3日間、名古屋国際会議場で開催されました。
今回私自身の発表があるため14日(水)から名古屋にいってまいりました。
15日(木)セースプレゼンテーションを行い、18日(日)友人の竹林晃先生の発表のお手伝いをいたしました。
日本の薬事承認は世界でも飛びぬけて遅く費用が掛かるため、どうしてもこのような学会はアメリカ、ヨーロッパ、そして今では韓国の周回遅れの発表になりがちですが、それでも最近の進歩には飛躍的なものがあります。
当医院でも近じか設置予定の歯科用CTに関し多くの情報を集めることができました。

第40回日本口腔インプラント学会報告(札幌)

第40回日本口腔インプラント学会学術大会が去る2010年9月17日(金)~19日(日)の会期で、札幌市の札幌コンベンションセンターおよび札幌市産業振興センターを会場として、3,000名を超える参加者を迎えて開催されました。
メインテーマとして「信頼性ある口腔インプラント専門医」を掲げました。
今回の学術大会は会員数が約12,000名と歯科医学会の中で最大規模の会員を有する学会となり、歯科界にとりましてもすこぶる関心が高い学術大会となりました。
セッションもケースプレゼンテーションに始まり、各種本部行事、特別講演、ワールドサテライトセッション、各種セミナー、シンポジウム、一般口演、ポスターセッション、隣接領域セミナー、モーニングセミナー、ランチョンセミナー、市民公開講座とボリューム満点でした。
私の大学の同級である竹林晃先生が課題講演を行うのでそのお手伝いもあり、私の所属している日本歯科先端技術研究所のメンバーも多くの発表を行いましたので、非常に充実した3日間でした。

PAGE TOP